5アートボード 1

社員インタビュー

「東山フィルムの設備で知らないものはない」
と言えるエンジニアになることを
目標にしています!

製造部
工務課

宮木

2012年入社

宮木

電気・機械の意識が活かせる保全の仕事に就こうと考えていました。

大学では電気科を専攻し、電気・機械の知識が活かせる仕事をメインに就職活動をしていました。情報収集をする中で、化学系の会社でありながら、創立当初は工作機械を製作していることを知りました。今でも工場設備の改良や開発を自ら製作しており、世界で一つのオリジナルの設備に改良して、最先端のモノづくりをしている部分に興味を持ちました。
さらに調べていくと、スマートフォンや家電製品、車載関係などの、自分が知らなかった身近な多くのところに、東山フイルムの製品が使用されていることに驚きました。
世の中の生活を豊かにするフィルム製品を販売して成長している会社と、電気・機械の知識を活かして、一緒に自分も成長できると思い入社を決めました。

工場設備の保全と改造・新規設備の製作にも取り組んでいます。

現在は、設備のメンテナンスや改良、新規設備を導入する部署に異動し、工場設備の改良や保全業務を行っています。
入社後は、製造部で生産に関する知識や設備の仕組みなどを身につけるために配属されました。製造部からスタートすることにで、実際にメンテナンスをする設備の動作・仕組みが理解することができました。異動した後もこの経験はすごく役に立っていて、施設や設備の不具合が起こった際に、素早く・的確に復旧することができています。
保全業務以外にも設備の改造や、新規設備の製作にも取り組んでいます。CADを利用して設計図を作成したり、制御設計をしたり、と新たな知識や経験を積むことができるので、自分の成長も感じられ日々やりがいを感じています。

さまざまな経験と機械の構造・知見を身につけたいです。

「東山フイルムの設備のプロフェッショナル」と言えるエンジニアになることを目標にしています!
そのためには、トラブルを含む様々な経験と機械の構造・原理の知識を身に付けていくことが必要だと思っており、まずはどんなことにも「チャレンジ」をしようと思っています。
加工開発棟には、様々な工作機があるので、「プロフェッショナル」に近づくために、新規設備製作に必要な技術習得を目指しています。将来は、身につけた技術で、生産設備の修繕や、新規設備の開発を行い、製造部のメンバーが安定した生産や、新たな製品開発ができるように工場を支えていきたいと思っています。

宮木
宮木
宮木
宮木

オフの過ごし方

家にいるより外に出たいタイプなので、休日はほとんど家族と出掛けています。レジャー施設やショッピングモールなど、年に1・2回は旅行にも行きます。車の運転が好きなので、基本的に車でドライブがてら出かけることが多いです。旅行用の貯金を毎月していて、いつか家族で海外旅行に行きたいと思っています。仕事もプライベートも、目標をもって頑張っていきたいです。

宮木

当社が取り扱う製品や加工などについてのご質問・お問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にご相談ください。