5アートボード 1

社員インタビュー

製品の品質管理や製造の管理だけではなく、
チームメンバーが働きやすい・作業しやすい
環境作りにも取り組んでいます。

製造部
コーティング課

鈴木

2007年入社

鈴木

会社の発展とともに自分の成長も期待できる職場だと思いました。

大学で化学を専攻していたこともあり、研究開発を仕事にしていきたいと考えて就職活動をしていました。そんな中、化学系の会社を探していたところ、東山フイルムと出会いました。
会社説明会時の説明で、自分の身の回りで、フイルムを使用している製品がこんなにも多いのだと初めて知り、驚きました。それに、今後『薄くて』『軽くて』『機能性が高い』製品が世の中に増えていく事が想像でき、将来性を感じることができました。
単独の説明会に参加した時に、若い社員も多く在籍していることも知ることができ、フレッシュでアットホームな雰囲気も入社を決めた理由の一つです。

品質管理はもちろんですが、さらなる良品を作る為にどうすれば良いかも考えます。

入社当時は、研究開発で働きたいと思っていましたが、現在は製造の1台の機械を任される管理者を担当しています。研究開発で新しい製品を開発したい気持ちもありましたが、製造でモノづくりを経験したことにより、モノづくりのやりがいや奥深さを感じることができたので、研究開発ではなく製造でモノづくりを究めようと思いました。
業務内容は、マネジメントすることが多く、機台で働くメンバーのローテーション管理や、新人や若い世代への教育スケジュールや機械のメンテナンスなど、多くの業務に関わっています。
業務内容の中では、加工した製品の品質管理が一番重要で、良品を作る為にどうすれば良いか思考するのも大切な業務の一つです。いかにお客さまに良品を提供できるかが、腕の見せ所です。

なによりもチームでコミュニケーションが円滑にとれることが大切。

機台のメンバーが働きやすい環境を作ることを目標にしています。60m~70mある巨大な機械を、5人のメンバーで動かすのは簡単ではないので、メンバーが無理をせず効率を上げるためどのように行動していくべきか、見直す点はないかを考えています。
そのため、働きやすい・作業しやすい環境を作るために、なるべくメンバーと会話をするように心がけています。そうすることにより、少しでもいい環境で作業ができ、個人のモチベーションをあげられる環境づくりに結びつけられたらいいなと思っています。
地道な活動ですが、普段から会話することにより、未然に防げる事故や、安全活動にも結びついてきています。今後も会話することにより、今まで以上に働きやすい環境を作っていきたいです。

鈴木
鈴木
鈴木
鈴木

オフの過ごし方

車が好きなので、休みの日は車の手入れをしていることが多いです。目標は一通りのメンテナンスを自分でやれるようになること!自分でバラしたりすることで中の構造をみることができるので、メンテナンスの過程も覚えることができます。その経験から、仕事でも自分が担当している機械のメンテナンスは、できるだけ自分で行い、トラブルが起きたときには即座に対応できるようにしておきたいですね。

鈴木

当社が取り扱う製品や加工などについてのご質問・お問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にご相談ください。