5アートボード 1

社員インタビュー

デバイス進化の速さに負けないよう、
チーム力を活かしたハイパフォーマンス集団として
さまざまなことに挑戦していきたい。

研究開発部
研究開発第3課

松本

2006年入社

松本

これまで学んできた専門分野とは異なる業務に関しても、積極的に取り組めています。

色々な説明会や面接を受け、その中で東山フイルムの社員と仕事に接し、この会社であれば自分の能力を活かしていけると思い入社をしました。大学で学んできた専門分野とは異なりましたが、いろいろなことに興味を持つタイプなので、多くの技術を複合して日常に使用されるフィルム製品を開発している部分に魅力を感じました。
入社当初は、機械の仕組みやフローを学ぶためコーティングラインで製造業務についていましたが、当時の経験と知識は現在の研究開発に必要不可欠だと実感しています。機械を使いこなせるレベルまでスキルを高めたことで、新製品の開発や実験がよりスムーズに進んでいることを実感しています。

世の中の技術進化にも負けない。アイディアと開発技術で解決策を提案していきます。

現在は研究開発第3課で、スマートフォンなどのタッチセンサー用のフィルム開発に携わっています。近年、タッチパネルディスプレイが搭載されたデバイスの進化は非常に早いですが、その進化の速さに負けないように、私たちの得意分野である薄膜コーティングを活かした解決策を提案していきたいと思っています。
例えば、透明なプラスチックフィルムに、さまざまな機能を持つ膜をウェットコーティングで積層していき、どのような構成にすればブレイクスルーできる性能になるかを実験し、さらに均質な品質でビッグスケール加工する技術を検討して、生産できるレベルにしていきます。製品開発と加工技術の両方スキルがバランスよく必要なので大変ではありますが、沢山の知識や技術が身に付くので、やりがいがあります。

ハイパフォーマンスな技術集団を目指して。チームとしてうまく機能してきたいです。

研究開発や技術に関わる仕事が好きなので、今の部署で活躍していきたいと思っています。大変なことは多いですが、試行回数を重ねることで、今まで得られなかった技術や知識を獲得することができるので、自己の成長を感じることができます。
しかし、実験や検証で得た経験や知識を自分だけのモノにするのではなく、チームに還元することにより、チーム内に相乗効果を生みだせればと思っています。将来は、チーム力を活かしハイパフォーマンスな技術集団にできるように、まずは、技術開発やマネジメントを含むコミュニケーションなどを向上させていきたいと思っています。

松本
松本
松本
松本

オフの過ごし方

ネイチャーアクアリウムや植物育成、収集、絵画が趣味で、休日はいろいろと楽しんで過ごしています。ネイチャーアクアリウムは特に面白いと感じていて、以前までは水景のみでしたが、今は水中と陸上の両方が存在するアクアテラリウム形式に凝っています。その他には、サークル活動としてカメラ部に入って、月1回くらいのペースで社内外の仲間たちと撮影会に出かけて交流を深めています。

松本

当社が取り扱う製品や加工などについてのご質問・お問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にご相談ください。